<< 一覧へ戻る

古いサイト、レスポンシブ?

未だにスマホ最適化されていないホームページをたまに見かけます。
え?だって指で拡大できるんだからOKでしょ?
まぁ読めなくはないのですが、片手でサクサク見るのに慣れちゃってる現代人からは、無いわーって思われちゃいますね。

スマホの方はこちら!みたいな、「スマホ版」があるのも古いです。
以前はスマホサイズにした、別なサイトをもうひとつ作ってた時期がありました。
同じ内容のサイズ違いを作るという、手間もお金もかかるものでした。

今はレスポンシブといって、どんなデバイスで見てもレイアウトを可変させて見せる手法で作っています。
同じページの、段組みを変えて表示させてるイメージです。
例えば PC で「画像テキスト・画像テキスト」と横並びだったら、スマホでは立て並びに組み換えています。

レスポンシブとは?

もう少し詳しくお話すると、PC、タブレット、スマホの3つの横幅サイズで区切り、3段階の段組みやフォントサイズ等を組み換えて表示させています。なのでやはり手間はかかっていますが、別々なページを表示するのではなく、裏側の仕組みで別な見せ方をしていて、この仕様をレスポンシブと言っています。
今や当たり前になったので、あまり威張ったり気にすることでもなくなりました。笑

とは言え、タブレットもスマホも様々なサイズがあって、実は完璧に全てに最適化は厳しいです。
iPhone だけでも年代によって横幅が違うし、アンドロイドだ、iPad だ、なんだと一機種ごとに完全に調整するまではしていません。
この幅以下はタブレット、この幅以下はスマホ、みたいな目安があるので、そこで切り替えています。
中には独特のサイズの機種もあるので、その場合は個別対応になります。

IE と iOS 対応

iPhone というか、iOS は独自なことをするのでその度に特別な対応をさせられます。
我々制作側から言わせてもらうと、PC の IE (インターネットエクスプローラー) と iPhone にはずーっと昔から嫌がらせを受けており、新 ver が出る度、またかよっ!!って。
ホームページを表示するソースは世界共通語なんですが、この二つはいつも独自なことをしてくるため、その度に特別な回避策をしないといけません。何様?って感じで、こっちは IE と iPhone の不具合修正のため「だけ」にどれだけ時間を費やして来たことか…
日本人って、mac 持ってないくせに iPhone で、PC は windows だから IE というね、この嫌がらせ二つセットでシェア率を上げてる、世界一厄介な制作泣かせなんですよね。
あ、つい愚痴っちゃいましたw でもそうなんですよ、やれやれです。

————-

というわけで話がそれましたが、スマホに最適化されてないと今や Google にも弾かれる時代です。
うちのホームページも古いなぁと感じていたら、思い切ってリニューアルしませんか?
今どきでイケててサクサク見やすい、そんなホームページをご提供しています!
お気軽にご相談ください。よろしくお願いいたします!

« »